横浜の占い師・除霊師・呪術師

小林 哲 The Spiritual World

2019/08/22
  これからスピリチュアル的な面白い話を綴っていこうと思います。
  期待して下さいね!!!



2019/08/22
地震発生装置
  昔、天才発明師ニコラテスラが天候を変える装置を開発!
  と、思いきや、地震発生装置になってしまったそうです。
  軍事利用を防ぐため、すべてのデータを消去したそうです。

2019/08/23
ロンドンテロ事件
  2017年3月22日にロンドン・シティ・オブ・ウェストミンスターの、
  ウェストミンスター橋・ウェストミンスター宮殿敷地内で発生したテロ事件を扱う。
  実行犯はイギリス・ケント出身の52歳ハリド・マスードである。
  被疑者はウェストミンスター橋上で自動車を暴走させて2人を殺害した後、
  車を捨てて宮殿敷地内へと侵入し、
  その後非武装の警官を刺殺して、構内で別の警察官によって射殺された。



2019/08/24
悪霊
  悪霊(あくりょう、あくれい)とは、悪しき霊。
  キリスト教や仏教など宗教ごとに意味は異なるほか
  地域ごとにも意味は異なる。
  たたりをする死霊を指す宗教もある。
  悪霊は、祟りや呪いによってわざわい(病気、不運など)
  の原因となると考えられているものである。   

  英語の「evil spirit」、ドイツ語の「boser Geist」など、
  あるいは悪魔、(善神に対立する)悪神などに
  あたる概念が「悪霊」と翻訳される。   

  呪術師、神主、祈祷師などに、悪霊ばらい、禊(みそぎ)、
  祓い(はらい)を依頼するという習慣やしきたりは、
  東南アジア、インド、スリランカ、日本などのアジア、
  あるいはアフリカ、中南米など、世界各地に見られる。   

  霊に対し善霊と悪霊の二元論が徹底せず曖昧な社会もある。
  一方、西欧のキリスト教のように悪霊を絶対的な悪の存在として
  一元化し認識される場合もある。   

  またキリスト教など憑依をするのは悪霊のみで聖霊が憑くことはないとする。
  一神教的文化が支配的になった社会では「憑依」の概念が、
  悪霊や異教徒の領域へと押し込められていったとする指摘がある。   

  歴史的には霊的対象と個別取引を行う信仰と世界宗教による
  普遍化の間に葛藤・共存・融合がみられる。
  古ゲルマン社会は死者と生者との個別取引・直接交渉・直接対決を
  許容する文化で、死者が悪しき亡霊に変身した際には
  個々の対処が必要とされたが、キリスト教社会ではあらゆる災因が
  サタンや悪霊など絶対的な悪の属性をもつ存在に一元化され
  これを神の力で排除するという枠組みに変化した。
  これに対して仏教では怨霊を力ずくに調伏させるというより
  経典読誦による供養を通して、悪霊との和解を模索し鎮めるという
  仏法の力による悪霊の救済の枠組みで捉えられる。



2019/08/25
地縛霊
  地縛霊(じばくれい)とは、自分が死んだことを受け入れられなかったり、
  自分が死んだことを理解できなかったりして、
  死亡した時にいた土地や建物などから離れずにいるとされる霊のこと。
  あるいは、その土地に特別な理由を有して宿っているとされる死霊   

  地縛霊という言葉は日本における心霊ブームの第一人者、
  中岡俊哉の造語である。
  近年では一部の日本の国語辞典にも掲載されている   

  スピリチュアリズムでは次のように説明する。
  戦争・事故・災害などで突発的に死んだ人は、
  なかなか自分が死んだことを受け入れることができない。
  また恨みや憎しみの感情を持って死んだ者も、そうした悪感情が災いし、
  いつまでも自分の死を受け入れることができない。
  また、自殺者も、自分は死んだつもりでいたのに実際には
  死んでいないことに気付き何度も自殺をしようとする、という。
  こうした霊たちは「死の自覚」を持てるまで、
  何カ月、何年、何百年と時間を要し、
  それまでのあいだずっと地縛霊として地上近くにとどまることになる、
  という。



2019/08/26
浮遊霊
  浮遊霊(ふゆうれい)とは、自分が死んだことを理解できなかったり、
  自分の死を受け入れることができないことで、
  現世を彷徨っているとされる霊のこと、
  あるいは、肉体から離れて浮遊している霊全般を指す。
  浮遊霊という言葉は日本における心霊ブームの第一人者、中岡俊哉の造語である。   

  最初に挙げた意味の浮遊霊は、別の言い方をすると、昇天や成仏をせず、
  この世(現世)を彷徨い続けている霊のことである。
  突然死んだ場合などで、自分が死んだことを理解できない場合や、
  心理的に受け入れられない場合などにこの状態になると
  霊能者やスピリチュアル・カウンセラーらによって説明されている。
  浮遊霊の中でも、
  特定の場所や建物に居付いてしまっているものは地縛霊と呼んで区別することがある。



2019/08/27
生霊
  生霊(いきりょう、しょうりょう、せいれい、いきすだま)とは、
  生きている人間の霊魂が体外に出て自由に動き回るといわれているもの。   

  対語として死霊がある。   

  人間の霊(魂)は自由に体から抜け出すという事象は
  古来より人々の間で信じられており、
  多くの生霊の話が文学作品や伝承資料に残されている。
  広辞苑によれば、生霊は生きている人の怨霊で祟りをするものとされているが、
  実際には怨み以外の理由で他者に憑く話もあり、
  死の間際の人間の霊が生霊となって動き回ったり、
  親しい者に逢いに行ったりするといった事例も見られる。



2019/08/28
妖怪
  妖怪(ようかい)は、日本で伝承される民間信仰において、
  人間の理解を超える奇怪で異常な現象や、あるいはそれらを起こす、
  不可思議な力を持つ非日常的・非科学的な存在のこと。
  妖(あやかし)または物の怪(もののけ)、魔物(まもの)とも呼ばれる。
  

  妖怪は日本古来のアニミズムや八百万の神の思想と人間の日常生活や
  自然界の摂理にも深く根ざしており、
  その思想が森羅万象に神の存在を見出す一方で、
  否定的に把握された存在や現象は妖怪になりうるという
  表裏一体の関係がなされてきた。



2019/08/29
ポルターガイスト現象
  ポルターガイスト現象(ポルターガイストげんしょう)あるいはポルターガイストは、
  特定の場所において、誰一人として手を触れていないのに、
  物体の移動、物をたたく音の発生、発光、発火などが繰り返し起こるとされる、
  通常では説明のつかない現象。いわゆる 心霊現象の一種ともされている。   

  物体の移動としては、主として建物内部に設置された家具や、
  家具内に収納された日用雑貨などが挙げられる。
  発生する状況は一貫性が無く、住人が就寝中に移動し、
  起床後いつのまにか移動しているのを確認されるものもあれば、
  住民が起きている時に移動し、住民が起きている時に移動し、
  移動している状況を直接目撃されるものもある。
  動き方にも一貫性は無く、激しく飛ぶこともあれば、ゆっくりと移動することもある。
  「誰もいないのに音が鳴り響く」といったラップ現象も、
  この現象の一つとして分類する研究者もいる。   

  「ポルターガイスト(Poltergeist)」とはドイツ語で、
  poltern(騒々しい音を立てる)+ Geist(霊)、すなわち「騒がしい霊」という
  意味の合成語である。
  日本では心霊科学研究会の浅野和三郎が「ポルタアガイスト=騒々しい幽霊」と和訳、
  幽霊屋敷に起きる現象として紹介した。



2019/08/30
占い - 其の一
  占い(うらない)とは様々な方法で、人の心の内や運勢や未来など、
  直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいう。
  卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)ともいう。



2019/08/31
占い - 其の二
  占いの関係者の中には占いは「統計」によるものと説明する者もいるが、
  占いは独自の理論や個人の経験で構成されている面が強く、
  必ずしも統計や統計学、科学としての研究との関連があるとは言いがたい。

  例えば占星術は古代においては天文学と関連したものであったが、
  天文学が自然科学として発展したため現在では学問的な裏付けが無い。
  またこれは風水においても同様で風水に地理の別名があるように、
  かつて地理は社会科学の地理学に相当する知識と地理による吉凶を占う地相術が
  渾然となったものであった。



2019/09/01
占い - 其の三
  実際、これまで占いには、統計学などの科学的要素が入っていると言う説が
  提示されたことはあるが、科学的な根拠があると認められたことはない。
  古代ギリシャや古代ローマで行われていた生贄の動物の肝臓の色を見ることや、
  中国で行われていた、熱した細い金属棒で動物の肩甲骨や亀の甲羅を焼く
  (亀甲獣骨文字を参照)行為に関しては、その占いに使われた動物の栄養状態が
  分かるため都市建設と農作物の育成に関してだけはそれなりの根拠があったが、
  時代が下るにつれて本来の目的以外の占いに用いられるようになり、
  また生贄を採取する場所も問わなくなってきたため、根拠が無くなっていった。
  しかし、現代においても、占いを信じる者は少なくないため、
  占いはしばしばビジネスとして扱われている。

  中には霊感商法などの悪徳商法に発展することもあるが、
  こうなると占い師が詐欺罪に問われることもある。



2019/09/02
占い - 其の四
  占いの提供のされ方としては従来より、雑誌や本の他に、占い師が直接占う対面鑑定、
  電話で占う電話鑑定、チャットを利用したチャット鑑定等があるが、
  インターネット業界の進展により占いコンテンツとして
  提供されるケースが多くなっている。

  占いは、その信憑性が科学的には証明されていないが、
  不思議な効果を発揮したと見なされることがある。
  例えば昭和の易聖とよばれた加藤大岳は野球くじを占い、
  小額の購入の時は良く当てたという伝説が残っている。
  そのため占いが当っていようがいまいが、
  当たったように見せる機構があるのではないかという考えがある。
  その機構として想定されているのが、
  バーナム効果、コールド・リーディング、ホット・リーディングといったものである。



2019/09/03
占い - 其の五
  本来、占いと霊感は別のものであるが、
  どちらも運勢や未来などを判断するという点が共通している。
  そのため、霊能者を名乗った方が営業上得策であるということで
  占い師が霊能者を自称することがままある。



2019/09/04
占い - 其の六
  占いは、大別すると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の三種類に分かれ、
  占う者は目的に応じて占いを使い分け、組み合わせる。
  また命・卜・相に医、山(肉体的および精神的な鍛錬)を加えて「五術」ともいわれる。
  
  「五術」や「命・卜・相」は、中国では一般的な言い方であるが、
  日本には、1967年頃台湾の張明澄(張耀文)が伝えたのが最初とされる。
  実際、台湾の占い師の看板は、たいてい「命・卜・相」か「五術」のどちらかである。
  
  張明澄によれば、中国の五術は記号類型化による経験則の集大成であり、
  科学とはいえないものの、霊感などのような反科学的な要素は含まないという。
  逆に、科学は時間に記号をつけて類型化するという発想はないし、
  観察した経験もないから、五術を否定する根拠を持てないという。
   五術に医が含まれるのは、中国医学は五術の命などと全く同じ方法で、
  つまり記号類型によって成り立った伝統医学だからである。
  
  五術というのは機能面からの分類だが、方法論的な分類としては六大課ともいわれ、
  太乙神数、奇門遁甲、六壬神課、河洛易数、星平会海、宿曜演禽、
  という六種の術数を、五術六大課という。



2019/09/05
占い - 其の七
  命(めい)
  誕生日ごとの「あなたの運勢」
  運命、宿命などを占うもの。誕生した生年月日・時間や、
  生まれた場所の要素も加えることによって、
  その人の生来の性質、傾向、人生の流れなどを占う。
  推命(すいめい)とも呼ばれる。
  

  四柱推命(子平命理|八字)
  紫微斗数(紫薇斗数ともいう)
  河洛命理
  星平会海(子平と七政星学を合わせたもの)
  奇門命理
  太乙命理
  六壬命理
  七政命理(中国占星術)
  演禽命理
  星座占い(西洋占星術を簡略化したもの)
  占星術
  西洋占星術(ホロスコープ)
  数秘術
  九星気学
  算命学
  0学占い
  六星占術(細木数子)
  動物占い(四柱推命を簡略化したもの)
  誕生日占い
  属性占い



2019/09/06
占い - 其の八
  卜(ぼく)
  
  人が関わりあう事柄(事件)を占うもの。
  何かを決断するときなどに使う事が多く、卜(ぼく)によってあることを定めることを
  卜定(ぼくじょう)と称される。
  時間、事象、方位など基本にして占う。
  占う事象を占いをする時期、出た内容などとシンクロニシティさせて
  (ある意味、偶然性や気運を利用して)観る。わかりやすい例として、
  一輪の花を手にとって花びらを一枚一枚摘んで
  「好き・嫌い」を判断する恋愛占いや、
  えんぴつを転がして行う「えんぴつ野球」(ヒットの代わりに吉としたら…)
  などもその一種である。
  ちなみに卜(ぼく)の文字は、
  亀甲占い(亀卜)の割れ目を意味する象形文字を原形としている。
  また占の文字も同じ系列に属する。
  
  周易
  断易(五行易、卜易、鬼谷易)
  梅花心易
  六壬神課
  奇門遁甲
  太乙神数
  皇極経世
  アウグル (鳥卜)
  ホラリー占星術
  銭占(コイン占い)
  ルーン占い
  タロット占い
  ジプシー占い
  カード占い
  ダイス占術
  水晶占い(スクライング)
  ダウジング
  六爻占術
  御神籤(おみくじ)
  阿弥陀籤(あみだくじ)
  辻占い(辻占、つじうら)
  花びら占い
  えんぴつ占い
  ジオマンシー
  ポエ占い



2019/09/07
占い - 其の九
  相(ソウ)
  
  姿や形など目に見える事象や環境から、
  対象となるの人への現在の影響や今後の運勢などをみる占い。
  
  姓名判断
  手相占い
  人相占い
  印相占い(印鑑占い)
  名刺相占い
  夢占い
  風水
  ヴァーストゥ・シャーストラ
  家相
  墓相






5分500円


お問い合わせ先:080-5487-9738

- スマートフォンの方は、上↑をタップして下さい -





自己紹介 かも・・・

小林 哲


今まで鑑定した人の噂によると、鳥肌ものの占い師 & 呪術師
&
悪霊・怨霊退治 : 異界の憑き物の退治は20年のベテランです。

Copyright © 2018-2019 kobayashi satoshi All Rights Reserved.